2008年04月22日

今回の迷彩わぁ

画像 091.jpg

カット・スプリッタ迷彩は明るい機体色の上からダークブラウンのパターンを描くので、黄色地をマスクするテープは小さく切ったものをペタペタとランダムに貼り付けて行きます。
ゲームに登場する迷彩なのであまり気張らずに作業しています。

画像 093.jpg

マスキングが終わればダークブラウンを吹き付けてゆきます。
当初は筆塗りでと思ったのですが、作る作品が多すぎて(爆)。
効率を考えてハンドピースを使ったエアブラシ塗装にしました。
全体を塗装し終えたなら塗料が完全に塗料が乾燥するとテープが綺麗に剥がれなかったりするので2〜3時間乾燥させてマスキングテープを全て剥がします。
posted by マエストロ越智 at 08:00| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昨日はありがとうございました!
早速ザカールをパチ組みしちゃいました(笑) 写真をブログにアップしましたので、よかったら見てください。

越智さんのお話を伺って、タミヤアクリルからラッカーに乗り換えようかな〜なんて思ったりします。ササッと塗ってパパッと箱にしまう、これですね。

エアブラシも使ってみたいですが、「そんなに撒き散らしたら臭いやないの!外でやって!」と怒られそうだし、何より高価で手が出ません(涙)

この、テープをランダムにペタペタ貼っていくときもセンスが要りそうですね。あんまり均一に並べてしまうと「それっぽさ」が薄れてしまいますし。
Posted by まこっち at 2008年04月22日 09:18
ますます虎か豹っぽく見えちゃう。
でも、直線と曲線の違いあれど、このカラーリング「サンダーボルト」で見かけたような気がするな〜。
湾岸かイラクの時やエ○8(←クフィルだった気も・・・)だったかな〜。
F-16でも見られるので別に珍しくはないですか。
しかし、カットスプリッターでは見覚えないですね。
どうしてもロービジのシーグレー、ブルーグレー系のべたべたな捉われた発想しか出ないっす。(←裏面?)
Posted by KING TIGER Tシャツの奴 at 2008年04月22日 10:52
皆さんお集まりでぇ(笑)

越智さん、どぉ〜もぉ^。^
ペタペタと貼り絵みたいで楽しそうですなぁ♪
やっぱ塗装の時が一番楽しそうですねぇ(笑)

写真良く見ると、ハンドピースが何気に写り込んでますねぇ〜♪
あ〜〜〜まこっちさん同様、資金不足でなかなか導入できまへん>。<
Posted by 屋根裏部屋の男 at 2008年04月22日 12:37
屋根裏部屋の男さん、まこっちさんへ
エアブラシ
おおきなお世話承知で書きますね。
酒、煙草、外食、女遊び、キットの購入等何か少しだけ我慢して軍資金を貯めましょうよ。
最初は安価なTAMIYAのスプレーワークなんかどうですか?
お二人は塗装面積が広い物の率高そうだからこいつでも在れば楽ですよ。
http://tamiyashop.jp/shop/product_info.php?cPath=18_90&products_id=74520
ネット検索で最安値のお店で通販か、マエストロで購入とか。
私が最初(中学生時)に買ったのは「ミクロタッチ¥2,800-」でした。(エア缶式)
しかし、ガス圧と塗料の噴射量が調節出来ず限界を感じ、同じく中学生時に「お年玉」で「ピースコン¥11,000-」を購入。(エア缶式)
もし、この時にスプレーワークがあったなら買ってたかも。
(重点異なりますがエア缶の出費かさむんで)
当然目標上げて越智さん愛用のクレオス製品でも良いです。
楽しいですよ。濃度が濃すぎて蜘蛛の巣噴射したり、作業後鼻の穴にティッシュ詰めると吹き付けた色になってたり。(視点が違うって?)
まこっちさんは臭い・換気の問題ですね。
風呂場に窓か換気扇が在れば塗装時は風呂場が使えますよ。
湿気対策はリターダを入れるか、ガイアカラーのエアブラシ用溶剤を使えば良いと思います。
この湿気って逆に「ほこり」の舞い上がりを押さえてくれるみたいです。


Posted by KING TIGER Tシャツの奴 at 2008年04月22日 15:19
KING TIGER Tシャツの奴さん(笑)
おおきなお世話をどうもおおきにです(爆)

仰る通り、何か我慢して金貯めりゃ買えるんですよぉ!って言うかそれが難しい>。<
念のため書いておきますが、お姉ちゃん遊びはしてません!(愛妻家なんでぇ(大爆))

金の掛かる趣味ばかりで、どうしても予算的に後に後に回っちゃうのが現実ですぅ←凄い言い訳(笑)

ただ、今後鉄道模型のストラクチャー類もスクラッチしようと目論んでますので、必要なツールである事は間違え無い!
どうせ買うなら良い物をと考えています。
その時が来たらご報告しますねぇ〜(笑)←何時だろうねぇ〜!?
Posted by 屋根裏部屋の男 at 2008年04月22日 17:53
昨日は雑誌の撮影のため、お店を閉めていたのでレスが遅れてしまいました。
ごめんなさい。

まこっちさん。

そうですねぇ、ハンドピース&コンプレッサー。『モデラー』としての三種の神器の一つではありますが、所詮は《道具》。我々プロの立場とは違って、有るに越したことはありませんが、無くても平気なものでもあります。
くわえて、現在、既婚、子供有りに丸を書く立場の模型愛好家に取ってはハンドピースの購入にそれなりの覚悟と勇気が必要なのは「共通認識」とさえいえるのが現実のようです。

むしろ筆塗りでペタペタやっている方が楽しいかもしれません。

KING TIGER Tシャツの奴さん。

そうです。虎。寅猫にならないように注意しなくては(笑)。
米軍の戦略構想の大綱で戦闘ヘリとA−10対地攻撃機の運用変更に伴う生産終了と退役に戦争における戦闘方法の変化に時代の移ろいを感じてしまいます。
A-10は不細工ながら戦車っぽい迷彩が似合う不思議な機体で好きですね。
始めてこの機体を目にしたときは対戦中にドイツのフォッケウルフが考案したジェット機ペーパープランの中で機首に対戦車砲を搭載して機体後部に樽型のエンジンを2基つけた機体そのままで思わず笑ってしまいました。
その「空飛ぶ缶切り」も退役になるのは寂しい限りです。

屋根裏部屋の男さん。

マスキングテープをペタペタ貼るのは楽しい作業ですよ。仕上がりがイメージしたものになると良いのですが。
屋根さんは鉄道模型も制作されているんですよね。
ストラクチャーは「汚し塗装」でリアリティーを追求できる楽しさがあります。
私のような「特撮世代」はストラクチャーで町並みを作ると、まず「ゴジラ」を立たせて特撮ごっこをしてしまいます(笑)。
Posted by マエストロ at 2008年04月23日 15:21
お久しぶりです、前の[そっくりさん]の話ですが、やっぱり人違いでしたか…ちなみに、誤解を招いたようですが、140cmと言うのは僕の身長です。それにしても毎日楽しそうですね!!!僕は、美術部にはいります。エースコンバットは、僕もやっていますが………ハマりますね!!!
Posted by ミジンコ at 2008年04月23日 20:38
ミジンコさん。
マイにと楽しそうに見えるように生活しないと大人の人は大変なんですよ。
美術部にはいったら色彩の勉強をしっかりしましょう。模型にも生かすことが出来ますよ。
Posted by マエストロ at 2008年04月23日 21:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。