2009年08月13日

と言う訳で「クラフェン・フォーゲル」

何とか形になってきました、私の「クラッフェン・フォーゲル」

画像 310378.jpg

こうして見ると改めて色々なマテリアルで構成されているキットで、今でこそ至極、普通なエッチングや真鍮材を使ったキットですが、これが25年前のキットだとはチョッと不思議な感じです。

画像 310377.jpg

後姿はシュツルムファウストが6基付いているだけで、「ノイスポッター」と比べて、かなり趣を異にしています。

画像 310376.jpg

何という贅沢。
今では入手困難で貴重なキットではありますが、私はキットコレクターではないのでモリモリ作っちゃいました(笑)。
どんな風に着色しようか思案中です。
これも模型の楽しみの一つ。
posted by マエストロ越智 at 01:50| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
毎度〜☆

入手困難なキットはな〜んか作りづらいんですよね〜( ̄〜 ̄;)

早く作らないとデカールが…などと思いながらも、なかなか作れないジレンマ


サクッと作れないのはきっと「失敗したら…」なんて考えてるからだと思います…

困ったもんです…
Posted by かめちー at 2009年08月14日 01:48
あはは、そういうもんですよ。でも「今作らずして何時作る?」と言う部分も有りますから(笑)。
とにかく、モチベーションが下がっても、箱に逆戻りは避けてあげないとキットが可愛そうですからね。
Posted by マエストロ越智 at 2009年08月14日 22:18
はじめまして。
fgでお見かけしてこちらにやってまいりました。

クラッフェンフォーゲルカッコイイですねえ。
キットはやっぱり作ってナンボです。
ぼくも数年前から絶版になったキットなど積極的に作っています。
人生いつ何が起こるかわからないし、作らないほうがもったいないですからね。

完成を楽しみにしております。
Posted by 240もけいてん at 2009年08月15日 10:21
こんばんはm(_ _)m
何年経ってもやはり良いモノは良いんですね〜

ちなみにお隣の「ノイスポッター」も越智さん作ですか?
Posted by ミジンコ at 2009年08月16日 21:18
240もけいてんさん、

どうも、はじめまして。
fgでも好き勝手やっておりまして、すいません(汗)。
fgは皆さん作品のレベルが非常に高く、良い刺激になっていると同時にとても勉強になります。
>「作ってナンボ」
確かにその通りだと思いますよ(笑)。
こちらも宜しくお願いいたします。

ミジンコさん、

その通りです(笑)。並べて見ると楽しいでしょ。
このノイスポッターのヘッドが付いた「ガンス」も作ろうと思っています。
シュトラール軍にはノイスポッターヘッドの付いた機種が結構キットになっているので完成したら結構迫力があるかも。
「オスカル」は高額なので持っていません(泣)。

Posted by マエストロ越智 at 2009年08月16日 22:59
ごぶさたしております。
クラッフェンフォーゲルの塗装本当に楽しみです。
実は私も今ちょうどのノイスポッターをつくっているのですが本当に楽しいキットですね。作家の意図や狙いがビシビシと伝わってきます。ジオラマに仕立てて11月の蒲田の展示会に出してみようかとか画策しています。
Posted by 牧野 at 2009年08月16日 23:34
SF3Dもとい、Ma.k(マシーネンクリーガー)は横山先生がデザインされ、キット化の際も自身で監修された当時としては異例と思いえる経緯でモデル化されたシリーズですね。
しかし、一部では作家の強烈な個性故に、プラモデルファンというよりも「横山宏」という一人のデザイナーのシンパシーに共感出来る、いわゆる「シンパ」に近い人達のコミニュティーキットというような解釈をされている面がありますが、私も牧野さんの仰るとおり、日本のキャラクターモデルキットとしてデザイナーの「個性」が変わることなく立体(キット)化されている稀少な作品群であると思います。
シリーズ中で「ノイスポッター」や「クラッフェンフォーゲル」は最も趣を異にしたデザインで大好きです。
どんな色調で出来上がるのか楽しみです。
完成したら是非ご一報くださいね。

☆今日、「クレーテ」を入手しました♪。
またネタが増えたぁ〜。

Posted by マエストロ越智 at 2009年08月19日 01:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。