2009年07月24日

9月に

タミヤ プラモデルファクトリー・トレッサ横浜店において「越智信善のプラモどうでショウin横浜 〜塗装偏〜(仮)」と題して参加型技術講座を行なう事になり、内容と日程、参加費等、詰めの作業に入りました。

大まかな内容は、隔週の金曜日(私の勤務しているレオナルド横浜店の休日なんだな)で夜の7時30〜9時30まで(仮:変更の可能性あり)。
教材として使用する車輌キット(塗装講座に適した車輌を選考中)を全て組み立てた常態で持参参加してもらい、下地のサーフェイサーからエアブラシによる塗装、ウエッザリング塗装を経て、仕上げまでを5〜6回で行ないます。

昨今のAFVキットの塗装作業シーンにおいて「全て組み立ててから塗装できるの??」という疑問は、返り咲きモデラーだけでなく恐らく今でも多くのモデラーが疑問に思っている部分であると思います。
今回の講座では、その最も大きな「疑問」の攻略法をメインテーマとして、エアゾール式缶スプレーを使ったサーフェイサーの塗布作業、ハンドピースを使ったエアブラシ塗装、筆を使ったウオッシング、ドライブラシ塗装という塗装シーンで作業に必要な全ての工具を使って、作品を仕上て行く工程を講座の内容としたいと思います。

また、参加する皆さんが最も知りたいであろう「各工程における塗装作業の理論と小技、裏技」などはテキストとしてコピー紙にて配布を予定しています。

8月初頭には事項決定次第、タミヤ プラモデルファクトリー・トレッサ横浜店HP
http://www.tamiya-plamodelfactory.com/index.html
において掲示する予定です。

細かな部分のすり合わせを今月以内に終了させるべく、ない頭を絞って奮闘しとります(汗)。
posted by マエストロ越智 at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。