2009年07月04日

「ストライカーの製作 9」

置き去りにしていた訳ではないのよ「ストライカー」。
という訳で、前回の続きであります。

画像 310340.jpg

「M1128ストライカー M.G.Sモバイル・ガン・システム」の外観的特長といえる砲搭上に装甲化された105mm砲M68A1E4 「105mm低姿勢砲塔」 (105mm Low Profile Turret GDLS社製) の後部ディテールになるバンド上の手すりはエッチングパーツ。中心部を細めの面相筆の柄を芯にして
立体感をつけよう。
実際には特殊樹脂繊維製バンドなのでキットのような形では無いが、ここは「模型的解釈」として後の塗装でのドライブラシによる演出塗装でポイントとなる部分ので丁寧な工作を心がけたい。
サイズに違いがあるので説明書の番号と照らしながらピンにゼリー状の瞬着で接着して行く。

画像 310339.jpg

かなり細かなディテールで、単調なディテールに陥りやすい部分を模型的解釈はキット化する際のAFVクラブの「良心」。

画像 310374.jpg

透明のライトレンズ以外、ほぼ工作が終了したキット。
この後、樹脂製タイヤを外して全体にエアゾール式缶スプレータイプの「サーフェイサー1000」を全体に吹きつける。

画像 310373.jpg

サーフェイサーを吹き終えた常態。
乾燥後樹脂製タイヤを取り付けて下塗り作業を待つばかり。






posted by マエストロ越智 at 03:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
僕も戦車ってよくわからないんですが、
サーフェイサーをなんで1200じゃなくて
1000なんでしょうか?
Posted by orange at 2009年07月06日 12:09
>orangeさん。

別に「1200」でも「1000」でも構わないですよ。
余り変わりがないし(笑)。
Posted by マエストロ at 2009年07月07日 00:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。