2009年06月16日

えらい物を作っているっ!

画像 310405.jpg

ここに来てMa.kの歴史とキット開発の経緯というかを再勉強。
結構覚えているようでうろ覚えだったり、新たな発見があったり、笑えたり。
結構、山あり、谷ありオチありだった様子。
しかし、偶然が重なるのは「時」が味方してくれたからなのだなと思ったりして。
そういう作品って「強い」ものです。

画像 310370.jpg

パンッァーシュレッケ用の真鍮製パイプは恐らく今でも、このような極薄パイプ自体、「部材」として入手困難。

画像 310366.jpg

こちらも、プレス打ち抜きの真鍮製パネルプレートも「金型作るよりも安価」というだけでパーツ化してしまう当時の「ニットー科学」という模型メーカーの「ノリと意地」は感心してしまいます。

画像 310367.jpg

こちらは銅製のエッチングパーツ。
今日の目で見ると抜け部分にバリがあったりしますが、もはやマスプロキットというよりもガレージキットのテイストが溢れています。

画像 310369.jpg

飛翔弾頭がスッポリと入るクリアランスは「凄い」を通り越して「スンゲ〜」と笑いすら出てしまいます。



posted by マエストロ越智 at 22:11| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れ様です!
郵便届きました!
ありがとうございました。
業務連絡終わり(笑)

昨夜同じ記事が二つアップされていたので、どっちにコメントしたものか?!

と思いつつ。。。


古い資料が役に立つものですね^^。

金属パーツが結構あるんですね、このキット!!

いいなぁ〜楽しそうでぇ〜(笑)
Posted by 屋根裏部屋の男 at 2009年06月17日 21:04
おはようございます。
ファルケに触発され、Ma.Kにも興味がどんどんわいてきています。
それで、つい最近まで古いMa.Kのキット、近所の模型屋さんで売っていたような気がして先日見に行ったのですが、すでになくなっていました・・・。
ハセガワの次回製品も楽しみです♪
Posted by yockey at 2009年06月18日 10:39
>屋根裏部屋の男さん。

確認しました。ありがとうございます。
業務連絡終わり♪。

なんかね、最近調子が悪くって。
キャッシュの削除したりしてみているのですが。
来週、友人に来て診てもらう事になってます(泣)。

いや、このキット非常に貴重なのでドキドキしながら組み立てています(笑)。
でも当時としては画期的なキットだとつくづく感じます。

>yockeyさん。

Ma.k再燃は私だけではなくて、結構昔好きだった「返り咲き組」もいて押入れから引張り出して作るモデラーさんも少なくないと聞いています。
ウェーブさんの新作の他、昔のキットの再販もして欲しいですね。
Posted by マエストロ越智 at 2009年06月21日 22:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。